ボトックス.com トップ > ボトックスの注入について > 接続効果について

ボトックス注入について

接続効果について

女性

ボトックス注射は、「プチ整形」の部類に入る施術です。
ですので、1回の得続効果は半永久的ではなく半年から1年程とされています。
『少しだけでも変身してみたい』と、お試し感覚で受けてみるのもよいかも知れません。

ボトックスの効果が続く期間は?

手にエラを小さくしたり、ふくらはぎをスリムにしたり、しわを解消したりするボトックス注射。安全性が高く価格も手頃なので人気の施術ですが、その反面持続効果はさほど長くはありません。
ボトックスは注射してから早くて2日、遅くても3週間以内には効果が現れます。その効果の持続期間には個人差がありますが、平均して半年ほど、長くて1年ほどといわれており、半年から1年経つと次第に効果が薄まってきます。
持続効果を長持ちさせたい場合は、定期的にボトックス注射を打つことでどんどん持続期間が長くなっていきます。

施術の周期

ボトックス注射の施術には、一定の周期があります。といってもこれにも明確な決まりがあるわけではなく、1年に2回から3回の頻度で注射を打つのが一般的。 ボトックスの効果がどの程度薄れてきているのかを見ながら、治療周期を把握するのがもっとも確実です。
治療を受ける間隔としては3ヶ月から4ヶ月の期間で、それよりも短い間隔での注射は不可能です。またボトックス注射には「繰り返し施術を受けると、 治療周期が長くなる」という特徴があるため、1年の施術回数を少なくしていくことができます。時間や予算の点も踏まえて、施術計画を立てましょう。

施術を重ねることで治療周期が長くなることも

2回目以降のボトックス注射は、1回目よりも持続期間が長くなります。これが前述した「ボトックス注射の施術を繰り返し受けると、治療周期が長くなる」という特徴です。
これはボトックスを注入した筋肉が関連しています。ボトックスの効果がある間、その部分の筋肉は満足に使われないため、次第に萎縮していきます。これにより、ボトックスの効果がもちやすくなるという循環が生まれます。
ですので、ボトックス注射を定期的に繰り返し打つと、1年に受ける施術の頻度が減っていき、年に1度という頻度でも十分な効果が感じられるようにもなります。

注入方法

注入後のケアについて

ボトックス注入について

ボトックスとは?

ボトックスって何?どんなことができるの? ボトックスはどうして人気があるの? 注射?塗布?どんな施術方法なの? ボトックスは誰でも受けられるの? ボトックスの施術時間はどのくらいかかるの? ボトックスの効果はどのくらい持続するの? ボトックス注射に痛みはあるの?
回答はこちら