ボトックス.com トップ > ボトックスのコラム > ボトックスのデメリット

ボトックスのコラム

ボトックスのデメリット

施術の難しさ

「ボトックス注射」は、しわ取りの効果、わきがや多汗症の改善などに使われる優れた施術です。しかし、注入量や注入場所次第で、仕上がりに大きな違いが生じることもあります。
この施術をする際には、経験を積んだ医師の元で行うようにしましょう。腕が確かな医師なら、注入場所の選定、適量の注入ができ、理想的な仕上がりが期待できます。ボトックスの注入はとてもデリケートで、医師のデザイン力が問われる、難しい施術だともいわれています。 満足感を得るためには、高い技術力を持つ医師を選び、理想的な形を作ってもらえるようにしましょう。

ボトックスのコラム
ボトックスのコラム

効果持続のために定期的に注射しなければならない

「ボトックス注射」は手軽な整形で人気があります。注射後は、2~3日後に徐々に効果が現れ始め、約1年の持続効果をもたらします。その後は、徐々に体内で分解されていき効果が薄れてしまうのです。
そのため、また新たな効果を得るためには、定期的に注射をする必要があります。この整形を受ける際には、定期的な注射の必要性も視野に入れておきましょう。2度目以降の注入は、さらなる効果をもたらすといわれています。回数を重ねるごとに注射を受ける周期も長くなっていきますし、5回程度の注入で、半永久的な効果があるとされています。

注入量が多すぎると表情が乏しくなる場合がある

ボトックスの注入量が多くなると表情筋の動きを抑えすぎてしまい、喜怒哀楽が表現できない無表情な顔の造りになってしまう場合があります。表情が乏しくなると、整形を受けたと気づかれることも多くなります。目尻のしわを改善しようとボトックスを注入すると、量が多ければ目が腫れぼったい印象になり、違和感を覚えます。
口元への注入量が多かった場合は、口が開けづらくなることもあります。微妙な注入量の加減次第で、表情が乏しくなるので気をつけましょう。そうならないために重要なのは、確かな腕を持つ医師に施術を行ってもらうことです。

ボトックスのコラム
ボトックスのコラム

まれに内出血を起こすことがある

注射を行った後には、ごくまれに内出血を起こす場合があります。なぜなら、注射の際に細い血管を通ることがあるためです。 もちろん、施術の際には血管を傷つけないように細心の注意を払いながら注射を行いますが、どうしても細い血管に当たってしまう場合があり、それが内出血に。しかし、内出血が起きた場合でも、1週間程度で症状がなくなります。ひどい場合は2週間程度続くこともありますが、メイクで隠せる程度なので心配はいりません。
万が一内出血が起こった場合は、どういったケアをすると治りが早いのか、医師に確認しておくとよいでしょう。

次のコラムへ
ボトックスのコラム

施術の難しいボトックスは、クリニック選びが重要!

大事なクリニック選び

「ボトックス注射」を受ける場合は、美容外科の選定がとても大事です。なぜなら、医師の腕によって仕上がりに違いが出る場合があるからです。経験豊富で実績を多く持ち、高い技術力のある医師を選ぶようにしましょう。この整形は、医師の腕次第で満足感を得られるか、そうでないかが決まるといわれています。
満足感を得る整形を受けるためには、正確な注入量を見極め、症状に合わせたきめ細かい注入方法を行う医師のもとで施術することが理想的です。

品川美容外科

経験実績が豊富で高いデザイン力を持ち、ボトックス注射でも理想の整形を叶えます。

品川美容外科は、常に患者のことを第一に考えて運営しています。カウンセリングを重視し、患者の悩みに真摯に向き合い、それを解消するため理想の体づくりを一緒に模索します。
ボトックス注射の場合も、施術部位によって適量を見極め、優れたデザインを施し、綺麗な仕上がりを目指しています。また、患者の負担軽減を考え、痛みや腫れが少ない治療を心掛けているのも魅力です。これまで数々の症例をこなし実績を積んできているので、高い技術力を身につけています。
そのため、安心して施術を任せることが出来ます。常に技術向上に努めており、より効果の高い治療が出来るよう励んでいます。また、利用しやすいように料金もリーズナブルな設定を心がけています。

品川美容外科の口コミ

体験者1人目

エラが張って目立っていたフェイスラインを、ボトックス注射ですっきりさせてきました。「施術は注射を一本打つだけ」

体験者2人目

エラが張って目立っていたフェイスラインを、ボトックス注射ですっきりさせてきました。「施術は注射を一本打つだけ」

体験者3人目

年齢が年齢なだけに、目元がたるんできて、すっかり老けた印象の顔になっていました。 シワ取りの手術に興味があったんです。

体験者4人目

私は、夏になると制汗剤が手放せなくなるほどの多汗症でした。 常に「私って汗臭い…?」という強迫観念が消えず…

公式HPはこちら 口コミを見る
オススメのクリニック一覧