ボトックス.com トップ > ボトックスのコラム

ボトックスとは?

「ボトックス注射」は手軽に受けられるプチ整形として人気です。メスを使わず注射1本でしわを改善することができます。
この施術では額や目尻、あごなど顔のしわに効果をもたらしますが、しわ改善だけでなく他にも優れた効果があります。施術時間も短く通院の必要もないので、誰にも気づかれずに整形することができます。 体を切開するのに抵抗がある人は、ボトックス注射でコンプレックスを解消しましょう。手軽に行えるこの方法により、整形が身近に感じられるようになってきました。
しかし施術を受ける際には、メリットやデメリット、効能や副作用などをきちんと理解した上で受けることが大切です。ここでは、ボトックスに関するあらゆることを提示しています。

コラムを詳しく読む

ボトックスのメリット

ボトックスのメリットを知れば、安心して施術に挑めます。

ボトックス注射のメリットは、従来の整形とは違い切開する必要がないことです。これまでしわ取りの治療は、耳の後ろにメスを入れ、皮膚を引っ張り縫い合わせる方法が取られていました。メスを使った手術が必要なので、心身ともに患者の負担がかかります。
しかしボトックス注射なら切開をしないので、体だけでなく心の負担も軽くなります。施術時間も5分程度と短く、その日のうちに洗顔や化粧が可能で、周りに整形を受けたことが気づかれにくいです。

コラムを詳しく読む

ボトックスのデメリット

悪い点も、きちんと把握した上で施術を受けましょう。

「ボトックス注射」のデメリットは、効果が長続きしないことです。そのため、効果を持続させるためには、定期的に注射する必要があります。効果がなくなると、注射する前よりもしわが酷くなる場合があるので、1度ボトックス注射をすると、やめられなくなる人もいます。また、注入量を誤ると表情筋の動きが悪くなり、表情が不自然になるケースがあります。
何度も注射を行う人もいますが、その場合は費用も体への負担も大きいものとなってしまいます。

コラムを詳しく読む

ボトックスの注意点(位置・量・実績)

理想の整形のためには、注入量を間違えないことが重要です。

ボトックスは筋肉の働きを弱めることが実証されていて、顔に注射するとしわを作らない効果をもたらします。しかし注入量が多かった場合、仕上がりに違和感が出てしまい、整形を受けたことが気づかれやすくなってしまいます。そのため症状に合わせ、きちんと適量を見極められる医師の腕が必要です。医師の腕により仕上がりに違いが生まれることを理解しておきましょう。わずかな量でも大きな効果が得られるので、最適な量を施してもらうことが大切です。

コラムを詳しく読む

ボトックスを使った美容整形の部位

しわの改善をはじめ、あらゆるコンプレックスに対応。

眉間のしわや、目尻のしわ、おでこの横じわなど、あらゆるしわを目立たなくする効果があります。その他にも、ふくらはぎを綺麗に形作ることや、エラを目立たなくする場合に使われることもあります。口角に注射すれば、への字口を改善し表情を柔らかくします。また、わきがや多汗症の治療にも使われます。わきがや多汗症の場合は、わきの下に注射を行います。それにより汗の分泌が抑えられ、わきがや多汗症が改善されます。

コラムを詳しく読む

ボトックスの副作用

注射を使った整形の副作用を知っておきましょう。

「ボトックス注射」の副作用で1番多い症状は内出血です。内出血が起きるのは、注射する際、細い血管にぶつかってしまうことが原因です。注射する患部によっては、細かい血管が走っている箇所があり、どうしても注射針がその細い血管に当たる場合があるのです。もちろん、施術の際には注射針が血管に当たらないよう細心の注意が払われますが、それでも避けられないときもあります。しかし内出血が起きても大抵1週間ほどで消えるので心配はいりません。

コラムを詳しく読む

ボツリヌストキシンとは?

ボツリヌストキシンは、人体に無害なので安心です。

「ボツリヌストキシン」とはタンパク質の一種で、ボツリヌス菌から毒素を排除して製剤化したものです。ボツリヌストキシンには筋肉の働きを弱める効果があり、眉間や目尻など気になる部分に注入すれば、しわを取り除くことができます。その上、人体に無害なので安心して使えます。美容外科でしわ取りの効果をもたらすとして使用される前は、痙性斜頚や眼瞼けいれんなどの改善に使われた実績を持っていて、安全性が確立された成分です。

コラムを詳しく読む