水没した時の対処法をご紹介します

このサイトでは、自身が持っている大切なiPhoneが誤って水没した後に使えなくなった時に修理に出したときの流れを紹介します。
iPhoneは精密機械のため、大量の水が入ってしまうと電源がつかないなどの故障を起こすのです。
そのような状態になった時には、無理をせずにiPhone修理に出して治してもらう必要があります。
ただ実際に任せるにしても、iPhone所有者にとってはどんな流れで修理が行われるのか気になるところです。

水没したiPhone修理の流れ

水没したiPhone修理の流れ iPhoneを誤って水没したときには、無理に動かそうとせずにiPhone修理に出すのが先決です。
一度こじ開けてしまうと自己責任になるだけでなく、触ってはいけない場所を触れてしまうことでよりひどい状態になる可能性があります。
iPhone修理がどんな流れで進むのかというと、まず詳細を聞いた後に電源が付くかどうかを確認します。
そして電源がつかないことを確認したら、専用の乾燥器の中に入れてiPhoneの中に入っている水を乾かすのです。
完全に乾いたことを確認出来たら、再び電源を付けてみて復旧できれば作業は完了になります。
もし乾燥後も電源がつかない場合には、次の手段としてiPhone内部にある記録媒体チップから専用ソフトを用いてアウトプットを行うのです。
データをアウトプット出来たら、それを別の記録媒体チップに移し替えて別のiPhoneに移し替えるか、別に購入したスマホに移し替えて修理が完了です。

誤って水没してしまったiPhone修理を依頼

誤って水没してしまったiPhone修理を依頼 iPhoneは、アップル社が製造販売している世界的に人気のあるスマートフォンです。
iPhoneは、様々な機能を有しており本体も精密に設計されています。
そんな、iPhoneを愛用しているユーザーも多いですが、誤って水没させてしまう可能性もあります。
誤って水没させてしまうと、殆どの場合は故障し使用が出来なくなってしまうのです。
iPhoneを使えなくなると、仕事やプライベートでの連絡手段が無くなり非常に困ります。
少しでも早く修理したいですが、修理を依頼する場合には、短納期でリーズナブルな費用、信頼出来る技術を持つ店舗へ依頼をする事が必要です。
水没や画面割れ、バッテリー劣化といったiPhone修理の実績が豊富で、修理納期も迅速な対応が出来る専門店を見つける事がポイントとなります。
iPhone修理の専門店は、現在とても多く存在しています。
費用やリードタイム、実績などを考慮して依頼する店舗を選択すると良いです。
大切なiPhoneが万が一、壊れてしまった場合には実績などをチェックして、信頼出来る店舗へ依頼すると安心です。
水の中にiPhoneを落として使えなくなってしまった時には、迅速に直してもらえる店舗へ依頼するとスムーズとなります。

ハード関連の内容のトラブルは、iPhone修理専門店に

iPhoneのWi-Fi機能が急に使えなくなったり、Bluetoothイヤホンが接続出来なくなったり、ホームボタンが無反応になった時などは、身近なiPhone修理専門店に足を運びましょう。
ハードウェアに由来するトラブルは、ユーザー側で改善できません。
そういった内容のトラブルは、主に部品交換によって改善するので深刻に考えなくても平気です。
部品交換に掛かる時間はケースバイケースですが、ほとんどのiPhone修理専門店にて、当日中にパーツ交換が済みます。
大切なiPhoneを長期間、預ける必要はありません。
前もってiPhone修理の予約を、メッセンジャーアプリやWEBフォームで行っておけば、よりスムーズに訪問出来ます。
他のサービス店同様、予約客が優先されますので、家事や仕事に追われる忙しい方こそネット予約を忘れずにしておきたいところです。
念のためiPhone修理を依頼する前に、本体の重要データはクラウドストレージにバックアップを取る等、万が一の場合にも備えておきましょう。

ホームボタンの不具合はiPhone修理のお店へ

iPhone操作を行う上で、欠かせないのがホームボタンです。
本体機能や各種アプリを操作する上で必須なパーツであり、毎日頻繁に触る箇所でもあります。
高頻度で押す箇所なので、経年劣化が他のパーツよりも進みやすいのがネックです。
ホームボタンを押しているにもかかわらず、上手く反応しない、もしくは触っていないのに勝手に押した時と同じアクションが実行される等、こういった困りごとが出てきたら近くのiPhone修理店に要相談です。
iPhone修理の店舗に行けば、安価な費用で部品交換の対応が受けられます。
毎日使う箇所が壊れていると、快適にアプリが操作出来ず、また誤作動に悩まされたままでは安心して仕事や趣味の作業が出来ません。
ほとんどの場合、部品交換は当日中に済みます。
熟練のスタッフが手際よく作業するため、所要時間は30分程度で済む事が多いです。
iPhone修理のお店は、旧型からマイナーなiPhoneの機種まで対応しています。

カメラが故障してiPhone修理を依頼する際の注意点

スマートフォンの故障で多いのはフロントガラスの破損やバッテリーの劣化ですが、カメラのレンズに傷が付いたり割れたといったトラブルも珍しくありません。
レンズが割れると隙間から水分やホコリなどが内部に侵入する恐れがあり、放置すると本体の他の部分も壊れてしまう恐れがあるので注意が必要です。iPhoneのカメラが故障してiPhone修理店に持ち込む場合は、Apple正規店と非正規店で対処方法違いがあります。正規店に依頼すると、本体を丸ごと交換する形になります。
このような場合は端末に保存してあったデータが全て失われてしまうので、iPhone修理を依頼する前にバックアップを保存するようにしましょう。Apple非正規店に依頼する場合は破損した部品のみを交換してもらえるので、データが失われることはありません。ただし万一の時の場合を考えて、可能であればiPhone修理店に持ち込む前にPCなどに重要なデータをコピーしておくことが大切です。

iPhone修理予約はオンラインでできる

iPhoneに不具合が生じた場合、そのまま使い続けるとより症状が悪化してしまうことが懸念されますし、快適に利用する場合にはできるだけ速やかにiPhone修理を行う必要があります。
iPhone修理業者は数多くの業者がありますが、安心・信頼して任せることができるのがカメラのキタムラなどのiPhoneの正規の修理プロバイダであり、飛び込みで来店するのではなく、事前に予約を入れてから来店することでスムーズに修理を行うことができます。
具体的な予約方法ですが、例えばアップルの公式サイトからオンライン経由で行うことが可能です。お問い合わせのページからiPhoneを選択し、「修理と物理的な損傷」へと進みます。そして自分のiPhoneに生じている具体的な不具合を選択し、その後は郵送での修理か持ち込みでの修理化を選択し、自分のApple IDでログインし、画面の案内に従って手続きを進めていきます。保証サービスに加入していれば、割安で修理が可能です。

水没してインターネットが繋がらなくなったiPhone修理はどこが良い?

トイレに落ちたりとインターネットが繋がらなくなった場合のiPhone修理はどうすれば良いのか?そんな時はiPhone修理正規店があるために、水没した時のトラブルなどにすぐに対応できるので安心です。例えばカメラのキタムラは全国規模の会社ですが、社員はトレーニングを受けた技術を持っているために、持ち込んで修理を頼むことができます。
例えばひび割れなども当日中に返すことができますし、水没に関しても症状を調べてどの程度の損傷なのかもアドバイスが可能です。インターネットが接続できなくて困っている状況も、修理対象になる場合があるので、一緒に相談すると良いでしょう。
また、アップル社の製品修理のお店は割とどこにでもあります。困ったことがあったときに持ち込む店を決めておけば、いざという時にすぐに持ち込むことが可能なのです。ネットが繋がらないということは、現在の社会では死活問題といえます。少しでも不便さを感じないように、すぐに利用したいものです。

iPhone修理で依頼が多い水没とその原因

"iPhoneは人気の高い機種ですが、毎日のように使用していることもあり修理の依頼も多いといわれています。
iPhone修理での依頼理由も人それぞれ違いがありますが、特に水没は多いといわれています。水の中に落としてしまうと、内部への悪影響が心配されますが、水に落としてしまう原因にも色々なものがあります。
まず、多いのはトイレに落とすということがあげられます。ズボンの後ろポケットに入れて落とすことも多いので、注意が必要です。さらに、耐水性のあるスマホが登場していることもあり、お風呂場で操作する人もいます。この時に手を滑らせて湯舟に落下させてしまう人も多いとされています。
このほかでは、衣服のポケットに入れたまま洗濯をしてしまう人もいますし、飲み物をこぼしてしまったという人も少なくありません。この他では、屋外で大雨にあったときに濡らしてしまうこともあります。
内部に水滴が入ると、金属部分も腐食しやすくなります。悪化を防ぐためにもiPhone修理はできるだけ早く行うことが大切です。

iPhone修理の割とある水没で予想される被害

iPhone修理といえば画面割れや劣化したバッテリーの交換ですが、水没による修理も決して珍しくはないのではないでしょうか。水没して適切な対応をしなかった端末は、経時的に被害が拡大していくことになるので注意が必要です。
具体的には電源が入らなくなってしまったり、電源は入るのに画面は映らない、音が出なくなったり音量が小さいなどの症状です。また再起動を繰り返すようになる、データが破損して読めなくなるといったケースもあるので、iPhone修理を成功させたいなら被害を拡大させない処置が不可欠です。早く水を排出させようと端末を振るのは悪手で、ドライヤーやストーブの温風を当てて乾かそうとするのもNGです。きれいな水なら乾けば元通りに使える可能性がありますが、水道水やジュースなどは乾いてもミネラル分や糖分が残るので、これらの成分がいずれ悪さをします。iPhone修理は時間との勝負ですから、どうするのが正解か分からない場合は、迷わず修理店に持ち込むべきではないでしょうか。

水没したiPhone修理に要する日数について

水没したiPhone修理は、単純なパーツの交換では直らないこともあるので、やはり他のケースよりも所要日数を要するのではないでしょうか。
ただ近年はiPhone修理も技術が進んでいるので、混雑していなければお店で数時間以内に完了というケースもあります。トイレや洗濯機に落として水没させてしまった、そういう場合は数時間以内に最寄りの修理店に持ち込むことをおすすめします。水で被害が拡大する恐れのあるiPhone修理は時間との勝負ですから、他よりも優先的に作業に着手されることも少なくないです。理由は水分が基板などの金属部を腐食させるからで、時間が経つとそれだけ機能が失われていき、復旧できる可能性が下がってしまうからです。日数が掛かる場合はかなり腐食が進んでいて、被害の規模や範囲を特定したり、どこを交換すれば直るか預かって調べるのに手間が掛かるのが理由です。いずれにしても、水分が乾くのをのんびり待っている余裕がないケースもありますから、早く確実に直してもらう意味でも、迷わずにお店に駆け込んで持ち込むのがベストではないでしょうか。

水没したiPhone修理でまず必要になること

iPhone修理は壊れた原因によって難易度が変わりますが、水没は特にその直後の扱い方が重要になってくるのではないでしょうか。
水没した端末はすぐに故障することはなくても、腐食の発生や進行によって、本来流れないところに電流が発生するショートが起こります。ショートを防ぐにはまず、水に濡れた端末の電源を切って、タオルなどで水滴を拭き取ります。次に、SIMカードなどを取り外して同じく拭き取り、端末を風通しの良いところに置いてから、乾燥剤と一緒に真空パックに密閉します。iPhone修理の前提には、こういった準備や手順が必要となるので、万が一水たまりに落としてしまっても焦らずに引き上げて適切な対応をすることが必要です。iPhone修理はこの処置にかかっていると言っても過言ではありませんから、間違った扱い方で成功の可能性を潰してしまわないように注意です。適切に扱われた端末のiPhone修理は比較的やりやすく、そして内蔵ストレージのデータをバックアップするなどの余裕が生まれるといえるのではないでしょうか。

スマホ修理の参考サイト

iPhone修理 三軒茶屋

新着情報

◎2022/8/9

情報を追加しました。



>水没してインターネットが繋がらなくなったiPhone修理はどこが良い?
>iPhone修理で依頼が多い水没とその原因
>水没したiPhone修理に要する日数について
>水没したiPhone修理でまず必要になること

◎2020/11/27

即日対応の修理専門店
の情報を更新しました。

◎2020/8/20

電源はいつ入れていい?
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

水没修理の料金相場
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「iPhone 水没」
に関連するツイート
Twitter

今日家族でプール行って、iPhone水没させてしまって、オワターと思ったけど、SIM生きてて古いiPhoneに入れたら復活しましたー🥹✨ ただいまー😂‼︎(誰も待ってない) JO1のアプリもログインできたから、ライブチケットも大丈夫だよね?💦 With Us

iPhone水没して充電できなくなってるのだけど、明日(日付変わってるから今日だけど)からしばらく西表の奥地でキャンプなんですよ。うーん、デジタルデトックスになりそ。 これは、最近、デジタルデトックス協会の森下さん( )に知り合ったことが原因に違いない。

iPhone水没してカメラ壊れた笑 2年持たないよね? そろそろApple引退しようかな。

画面割れ や 水没 即日対応! iPhone / iPad / iPod / Android 対応可能 データ復旧等もご相談下さい〜

大雨の中バイクで八王子まで帰ったら、iPhone水没して瀕死状態で草